・ モモチームのお出かけレポはこちらにまとめてあります♪
 ・ 2010年1月、娘はミラノへ行きました。その様子はこちらで!
 ・ 2014年11月、娘一家はバーレーンに引っ越しました。その様子はこちらで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
 |  EDIT  |  Top↑

普通という名の恐怖

疑問にお答えして(#^_^#)

芦花公園には、「もう行かない!」と思ったのには、理由があります。

公園南の花壇そばを歩いていると、向こうからウォーキング中らしき年配の女性が。
見たところはごくごく普通の方、
きちんとした服装の、どちらかと言うと品のいいおばあ様です。

johnnyがモモを連れて前のほうを、私がレオのリードを持ち、少し遅れて歩いていました。

その方、犬が恐いのか、モモを見た途端、道の反対側に大仰に避難。
逃げるように後ろを振り返りつつ私のほうにやってきました。
そして、目が合った途端、

「怖いわねぇ、ああいう大きな犬は」

・・・なんとも言葉のない私

だって確かに怖いかもしれませんからε=ε=ε= 。・゜(゜ノT-T)ノ

「ああいう仔は、蹴ってもびくともしないでしょ! 」
「本当に怖いわぁ」


ハイ? 
い、今、け、け、蹴るって言いましたか?



「エッ・・?」と、聞き返す私に、レオを見つめるおばあ様はこう言いました。

「この大きさなら、蹴飛ばせばどうにかなるでしょう!」

レ、レオを、け、蹴飛ばすぅぅぅぅ~!?


5m程離れたところで話を聞いていたjohnnyを見ると、その眼が、


「離れろっ!!危険だ!!!」

と訴えています。


平静を装いながら、徐々に後退し始める私。

さらに怖いことに、そんなことを言いながらも、そのおばあ様はずっと笑顔なのです。

思わず私は、レオを抱きあげました。


そんな私の行動を気にもせず、またまたおばあ様、

「ほら、怖い犬に会ったら蹴飛ばすでしょ、
でも大きい犬だと私が危ないから・・・」


再び、johnnyの方を見ると、さらに厳しく、

「早く離れろっ!!」


表情も変えずに平然と、しかし丁寧ながら怖い言葉を発し続けるおばあ様。


「この子は、大丈夫そうね。大人しいみたいだし」


そして、「いい子ねぇ。」とレオの頭をなでると、またウォーキングのスタイルに。
そのままスタスタと歩いて行ってしまいました。


蹴飛ばせばどうにかなる?

それってどういうこと?

どこでそんな知識を?

頭をなでたということは、犬嫌いじゃない?

もしも、レオその方に吠えかかったら?

蹴飛ばされた?

私の頭の中は、はてなマークのオンパレード・・・


以前、通りすがりの男性に蹴られてチワワが亡くなったという事件がありました。
そのときにも、確か「犬が怖かったから。」と犯人は言っていたような。

池袋界隈もとっても物騒なところ、妙な人もたくさんいますから、
モモ・レオを散歩させるときには、いろいろと注意を払っているのですが、
(モモはちょっとくらい蹴飛ばされても大丈夫でしょうけれど)
それはあくまでも、向こうから来る人が怪しげな場合。


こんなにも怪しくない、ごくごく普通のおばあ様から、こんな言葉を聞かされるとは・・・

いやはや、本当にびっくりしました。

犬が嫌いな人もいるし、その方もきっと怖い思いをしたことがあるのでしょう。
でもチワワのような小さな犬を人間が蹴とばしたらどうなるか。
それくらいは予測できるはず。

にもかかわらず、その方は言うのです。

犬を蹴っ飛ばす!!!

これじゃ気をつけようがない・・・

君子危うきに近寄らず!

とまぁ、こんなわけで芦花公園にはもう行かないだろうと^^

君子じゃありませんけどね(-o-;

世間の犬嫌い、または犬が恐い方々へ!

命の危険を感じたとき以外は、
犬を蹴ったりしないでくださいね!


まぁそういう方は、このブログをご覧になっていないとは思いますが
拍手する
TRACKBACK(0)  |  COMMENT(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

by 香龍 * 2009/02/18 (13:47) * URL * 編集


こ、、コワいですね、、。

「笑顔」って所がコワいですね。
よくレオ君撫でさせられましたよ~!!
ワタクシだったら、撫でようとした瞬間、後ずさってたかもしれません~~!!
触らせたくないですよ~(ToT)

by SSSGCマミー * 2009/02/18 (22:59) * URL * 編集


怖いですよね。

我が家の犬は、「怖い犬」「危険な犬」「大きな犬」と言う理由で、とんでもないことになりました。
当犬は、元気にしてます。

以前どこかのサイトで、危険を感じたら、犬の腹の部分を蹴り上げるといいと書いてあるのを読みました。
公園で散歩中に、自分の犬を守るために、他の犬を蹴ったという記事も読んだことがあります。

他人には、犬は「獣」ですから・・・。

香龍さま! by momochi * 2009/02/19 (08:35) * URL * 編集


そうなんですよ、ずっと笑顔で。
このブログをアップした直後、レオの保育園スタッフからも、
近所でチワワが蹴られて怪我をしたから気をつけてと言われました。

「犬を蹴る!」という人は、案外多いようです(T_T)
本当に気をつけないといけませんね。

SSSGCマミーさんへ! by momochi * 2009/02/19 (08:42) * URL * 編集


ブログ、読みました。
あまりの出来事に、言葉もありません。
いくら銃社会のアメリカとはいえ、
警官に撃たれるとは・・・

とにかく、げんぶくんが無事で何よりでした。
どんなに怖かったことでしょうね。
本当にかわいそうでなりません。
トラウマになっているようですが、
元気になって、早く忘れてくれることを祈るばかりです。

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

http://kuroshibadiary.blog96.fc2.com/tb.php/568-f4c77975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。