・ モモチームのお出かけレポはこちらにまとめてあります♪
 ・ 2010年1月、娘はミラノへ行きました。その様子はこちらで!
 ・ 2014年11月、娘一家はバーレーンに引っ越しました。その様子はこちらで!

GWだけど・・・

世間さまはGW!
って、わがやにもあるんですけど、今年は何もお出かけ予定なしのモモチームです。

月曜日の冷え込みで風邪をひいてしまったmomochi。

昨日もjohnnyさんは、サバゲー&飲み会。
rieもお出かけ、
ワン達とmomochiはずっとお家。

そして明日からはrieの友人の女の子が来日、4日まで滞在します。
毎年恒例になったこどもの日の誕生日会は、johnnyが出勤ということで、翌週に。

なんだかパッとしない我が家のGW。

というより風邪を治さないと・・・

今日はまだだるくて、2匹別々の散歩は辛いので、モモだけ。
暑くてε= (++ ) バテバテ!!
090430P4300018.jpg

お散歩を省略されたレオ!
おもちゃの引っ張りっこでストレス発散~~!?
090430P4300027.jpg



  


情けない自分への戒めをこめて、書いておきます。

月曜日の夕方のレオの散歩、予想外の冷え込みで早めに帰ろうと公園を出たら、
モモの仲良しのハッピーちゃんが別の入り口から入ってくるのが見えました。

ハッピーちゃんは、モモがお散歩デビューして初めていつもの公園で会ったゴールデン。

誰とも仲良くできないモモの、数少ない遊べるワンちゃんなのです。

向こうもモモ、そして私をとても気に行ってくれています。

本当に久しぶりだったので、戻ってご挨拶をすると、飼い主さんが
「ハッピーは、明日保健所に行くよ」とボソリ。

「えっ?」

こう見えて人付き合いの苦手な私、公園でも飼い主さんとはあまり話をしないので、
ハッピーちゃんとは仲良しでも、飼い主さんとお話することはあまりなく。

だから、お名前も住んでいるところも全く知らないし、
犬とどういう暮らしをしているかということも全然知りません。

今日に限って、そんな話をしてくるなんて・・・

それから保健所へ連れて行く理由を聞かされました。

要は犬を飼えないところに住んでいて、出て行くように言われたとか。
その最終期限が明日ということ。

それからいろいろと話を聞きました。

その合間にも、本当に連れて行くの?と何度も聞きましたが、

「とにかく、もうしょうがない」の一言。

しょうがないって・・・そんな

たとえ何があろうと、13年という長い年月を一緒に過ごしてきた家族を、突然捨てる、
いえ殺してしまうなんて・・・

今までとっても可愛がっている様子だったし、
朝はご主人、夕方は奥様が毎日かかさず散歩もしていたし・・・

以前、ハッピーちゃんが入院したとき、
いつも一緒にベッドで寝ているから、さびしくて仕方がないと話していたご主人。

そんな飼い主さんが、どんな事情があるにせよ、保健所に連れて行く決断をするなんて、
全く信じられないし、理解できません。

里親協会のようなところで一時預かりということもできるかもしれないし、
他にも何か方法があるはずと話してみても、それはいいと。

どうやらかなり重い病気にもなっていて、もう長くはないのだとか。

45キロのゴールデン、我が家で引き取ることもできません。

野良犬じゃないし、飼い主さんがちゃんといるわけだから、
勝手になにかすることもできません。

本当にかわいそうでかわいそうで、涙が止まりませんでした。

寒くてレオも私も震えていたのですが、
その時にはあまりの恐ろしさに震えがきたようにも思います。

ただただハッピーちゃんの大きな背中をずっとさすってあげました。
もうやめようと、手を離すと、ハッピーちゃんの大きな手が、私をはがいじめに。
またしばらく身体中をさすってあげました。

身体のあちこちに、こぶし大の腫瘍のような塊があるのも分かりました。

どうしてこんなになるまで、ほっておいたのでしょう。

しばらく黙って見ていた飼い主さん、ぽつりとこう言いました。
「もうちょっと頑張ってみるけど」

「本当に? 絶対ですよね、お願いね、頑張ってね」

不安がいっぱいのまま、何もできず家に帰った私です。

家に戻っても暗い気持はそのまま。
不甲斐ない自分にも腹立たしくなって・・・
そのうち具合が悪くなって、寝込んじゃいました。

翌日重い体と心を引きずっていつもの公園へ。
普段あまり話をしない他の飼い主さんに、ハッピーちゃんのことを話してみました。
こんな都会の池袋でも、庭のある一戸建てに住んでいる方もいるだろうしと。

すると皆口を揃えて、いろんなことを言い出して。
その中には、昨年ガンになった愛犬を安楽死させた方も。

「しょうがないよね、あんな大きな犬は飼えないし」
「飼い主がどうしょうもないから・・・」
「もう保健所、行ったかな」
「あんな病気じゃね、安楽死させたほうがいいよ」

私より情報通の飼い主さん達、私より事情をよく知っているようです。

やっぱり話すんじゃなかった。

もうこれ以上何をする気力もなくなり、そのまま家に戻った私。
他の方を非難することはできません。
私も何もできないのだから・・・

ただただハッピーちゃんが、まだ元気でいることを祈るだけです。
拍手する
TRACKBACK(0)  |  COMMENT(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

by 黒豆健太ママ * 2009/05/01 (17:35) * URL * 編集


こういう時に、
どうする事も出来ない自分が情けなくなりますよね(T_T)
皆さん、好きでワンコと生活し始めたはずなのに、
同じ考え方とはかぎらない。
お友達と話していて、自分の家のワンコが年取って病気になったらどうするかで、
色んな意見がありビックリした事があります。

ハッピーちゃんが、
どうかまだ幸せでありますように...。

あんまりだ。。。 by ぷりんママ * 2009/05/01 (18:46) * URL * 編集


読んでて めまいがしてきたよ。。。

13年間のあいだに
いろんな道が選択できたのに。。。

人間ってなんて身勝手で傲慢な生き物なのだろう

momochiさん 風邪大丈夫?

黒豆健太ママさんへ! by momochi * 2009/05/02 (07:23) * URL * 編集


コメントありがとうございます。

本当にここ数日体調が悪いこともあって、
気持が落ち込んでしまいました。

ママさんが、おっしゃるように、人の考え方はいろいろですが、
犬の飼い主さんだけは、同じようにあって欲しいものですよね。

年をとって動けなくなったり、重い病気になったりしたら
精神的にも、そして経済的にも大変なこともあるでしょうけれど、
最後まで精一杯愛情をそそぐということだけは、
貫いて欲しいと心から願うばかりです。

ハッピーちゃんのその後、
そしてそれについての他の方の話を聞くのが怖くて、
しばらく、いつもの公園には行けそうもありません。

ぷりんママへ! by momochi * 2009/05/02 (07:29) * URL * 編集


本当に落ち込んじゃった・・・
あまりのことに逃げ出してきた自分が情けなかったよ。

他にもなにか方法はあったはずなのに。

年はとっているけど、いつもはやんちゃなハッピーちゃんが、
妙に大人しいのが辛かった。

口がきけたら、なんて言っただろうって。

風邪、少しずつよくなってきています。
ご心配、ありがとう。

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

http://kuroshibadiary.blog96.fc2.com/tb.php/641-6b20c2af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |