・ モモチームのお出かけレポはこちらにまとめてあります♪
 ・ 2010年1月、娘はミラノへ行きました。その様子はこちらで!
 ・ 2014年11月、娘一家はバーレーンに引っ越しました。その様子はこちらで!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
 |  EDIT  |  Top↑

悲しすぎて…追記

◆4月28日(金) 午後7時半

皆さん、温かいコメントをありがとう。
先輩たちの言葉は、本当に力強く心に響きます。
やはり、皆同じ状況だったのですよね。
気持ちが少し軽くなりました。

辛いけど仕方がないこと…。
時間が解決するものでもなく、
ただこの切ない思いを違う方向に持って行くしかない。

昔の写真を見るのも辛いけど、
たくさんあった楽しいことを思い出すしかない…。
後悔や苛立ちの気持ちを、少しずつ小さくしていくしかない…。
モモは、あんなにたくさんのいい思い出を残してくれたのだから。
こんなふうに温かい言葉を残してくださるお友達ができたのも、
全部モモのおかげなのだから…。

本当にありがとうございます。
頑張ります。
あとでゆっくりお返事しますね。

今日は、去年春から週2日、お手伝いしている仕事に行って来ました。
親友が会長をしている法人の事務局を一人で預かっているので、
本来休めない仕事なのですが、
モモが具合が悪くなってからは、午後数時間だけの勤務、
症状がひどいときにはお休みをもらい、
たまりにたまった仕事を片付けに…。

3ヶ月ぶりに朝から行ったので、
モモのことを知っていた何人かの方が電話をくれました。

「大丈夫?ひょっとして…。」との問いに、
「はい、火曜日に…。」
そこまでしか答えられませんでした。

しっかり仕事を片付けて、駅まで走る私…。
あぁ、もう急がなくていいんだ…。
そう思っただけで、また涙が。

泣きながら歩いているおばさん…。
私を見た人は、ちょっと怖かったでしょうね^^。

そして、帰宅した私を迎えてくれるワンはいません。
そう、レオは、今我が家にいないんです。

johnnyさんと私がモモに付きっきりだったこと、
特に、美味しそうな食べ物をあれこれ与えているのを見ていて、
相当ストレスになっていたレオ…。

モモ姉ちゃんの次に貰えるものとじっと待っているレオですが、
5キロを超えそうでダイエット中だから、
高カロリーのモモ用のものは与えられず…。

人一倍食いしん坊のレオにとっては、
本当に辛いことだったと思います。

そんな毎日に、おトイレもちゃんとできなくなり、
突然吠えたりするようなこともあって、
これじゃ、可哀そう過ぎると困っていたところに、
少し前に、リッキーを亡くし寂しがっていたジージが、
預かるよと言ってくれたので、
先週、思い切ってジージのところに預けてきたところでした。

ここ数年毎週、ジージのところに行っていて、
我が家同然の実家、そして大好きなジージなので、
何も知らずのんびり楽しく過ごしているようです。
それだけが、よかったこと…。

今週、モモのお骨を持って、会いに行ってきます。
ピンクの可愛いモモの骨壺カバーの白いふさが
何とも愛おしくて、ずっと撫でています。
レオはわかるかな^^。



◆4月27日(木) 午後8時

モモがいなくなって2日目を迎えました。

昨日は、葬儀や火葬の準備でバタバタしていたので、
何とか乗り越えられましたが、やることが終わってしまった今日
どうにも抑えようのない感情に戸惑っています。

悲しみ、後悔、自分への怒り…?

何がなにやらわからないまま、ただただモモの遺骨の前で泣いています。
口から出て来るのは、「ごめんね、モモちゃん。」という言葉だけ…。

深夜に何度も、下痢で汚れたお尻を拭いてあげたことがなくなったことが悲しく、
嫌がるモモに注射器で食事をさせた後、
口のまわりやあちこちこぼれたものを拭いていたことが懐かしく、
それができないことが、今はただただ辛くてたまりません。

バスタオルやマット、毛布やカーペットの山のような洗濯ものがないことに、
いてもたってもいられず…。

声を上げて泣いても、叫んでも
モモがどこにもいないことが耐えられません。
苦しくて胸が張り裂けそうです。

これほどモモの存在が大きかったことを、今になって実感するなんて…。
なんという情けない飼い主でしょうか。

どうやってこれを耐えていくのか、乗り越えていくのか…。

今日、宅急便が届きました。
201704271309.jpg

何だろうと思ったら、15キロまでOKのスリングでした。
全身に力が入らなくて、首を起こしていられなくなったモモを、
病院に行くとき抱っこするために月曜日に注文したもの。

これがあれば、もっと抱っこが楽ちんだったね、モモちゃん。
使ってみたかったよ。

こっちは、モモが検査をする間に、大急ぎで買ったもの。
2つ穴の乳首がついた、お水も飲みやすそうな注入器を見つけたのに…。
ごめんよ、もっと早く見つけられなくて。
201704272014.jpg

どうしようかと考えて、使わなかったおむつや
食べることなく冷蔵庫の野菜室を占領していた
大量のモモ用の高カロリーのフードやおやつなどと一緒に、
入院中のワンちゃんにあげてくださいと、
昨日の葬儀の後、病院に持って行きました。
拍手する
TRACKBACK(0)  |  COMMENT(4)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

by さくらmama * 2017/04/27 (21:09) * URL * 編集


momochiさん
そのお気持ち、とてもよく分かります。。。
私もその想いのまま、この一年を暮らしてきました。

今でも、まださくらの名前を呼ばない日はありません。
枕を濡らす日も・・あります。

でも、この苦しい、悲しい想いも全て
愛しいあの子が置いていってくれた
プレゼントなのだと思うことにしました。

あの子に出逢ったからこそ
共に暮らしてきたからこそ・・です。

今は心のあるがままに
流せるだけ涙を流してくださいませね。

いつか、愛しい子たちに向かって
笑顔で思い出せる日が必ずやって来るはずですから。。

ワンコが私たちに向けてくれた変わらずの優しさは
どれにも代るものがないくらい最高に幸せなギフトでしたね。

いえ!momochiさんのお傍には、ほらっ、可愛いレオくんがいますよ。
悲しみに沈んでいるママを心配そうに気遣っているのでは
ありませんか?

モモちゃんもレオくんにママを頼むねって
伝言しているはずです。
レオくんをいっぱい抱きしめて、抱きしめて
そうして、ご自身の心を労わってあげてくださいませね。

ゆっくり、ゆっくり・・
今は、それが一番です。

by りゅうりゅう * 2017/04/27 (22:39) * URL * 編集


momochiさん、モモちゃんがこんなに頑張っていた事、ご家族の皆さんが モモ ちゃんと一緒に病に立ち向かっていた事、全然知りませんでした。blogすっかりご無沙汰していた事に後悔です。

モモちゃん、本当にがんばりましたね。
そして、今のmomochiさんの苦しいお気持ち痛いほどに分かります。
私もリュウを失ってから9ヶ月。でも、まだまだ悲しみと寂しさは癒えません。なぜここにいないのか?不思議に思うほどです。あの時のリュウはどう思っていたのか?幸せだったのか?考えれば考える程に苦しくなります。でも、きっと幸せだったと、、、

モモちゃんも絶対に幸せでしたよ!
ご家族に見守られて旅立つ事ができた事。たくさんの愛をmomochiさん達から貰っていた事、モモちゃんは感じていたハズですv-363
今はとてもお辛いでしょうが、そばにいるレオ君がきっとご家族の気持ちを癒してくれますよ。私もタツが居てくれて助かりました。

モモちゃん、今頃はリュウやさくらちゃんやお友達わんこに会って一緒に遊んでくれてると思います。

ご冥福をお祈りします。

管理人のみ閲覧できます by - * 2017/04/27 (23:17) * * 編集


このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます by - * 2017/04/27 (23:28) * * 編集


このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

http://kuroshibadiary.blog96.fc2.com/tb.php/998-372940ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。